医療脱毛はムダ毛の黒いメラニン色素にレーザーをあて、毛根から発毛細胞を破壊し2度と生えてこないようにする仕組みです。

ですから、毛抜きなどでムダ毛を引き抜いてしまうと、その部分にレーザーを当てても無反応で効果が得られなくなってしまい、放置しておくとまた毛が生えてきます。

また、毛を引き抜くことで毛穴に毛が埋没し、炎症したり埋没毛になって肌が黒ずむ原因にもなります。医療脱毛の施術前や施術中は、絶対に毛抜きで毛を引き抜かないようにしましょう。

もしもVIOラインのムダ毛をブラジリアンワックス脱毛ですべて引き抜いてある場合は、元の状態になるまで最低でも1ヵ月以上は掛かります。

VIOラインも込みで全身脱毛の契約を行っている方は、ブラジリアンワックスでVIOラインのムダ毛を処理していることを、クリニックのスタッフさんに包み隠さずに伝えるようにしましょう。

医療脱毛をなるべく早く完了させるには、毛抜きで毛を引き抜かないことが絶対条件です。

施術中はムダ毛の様子が殊更に気になってしまうものですが、クリニックの提示したルールをきっちりと守り、なるべく早く無毛状態のきれいな肌を手に入れられるように心がけましょう。